HARA MEMO

「フランス」「旅行」「勉強のアウトプット」+ 日記を綴っていくブログです。

フランスの語学学校に通ってみて。ボルドー留学

Bonjour!

 

ボルドーはだんだん暖かくなってきました。、、と思ったら寒波がきているようです。

最近はどんな服装で出かければいいのかわからない!天気も変わりやすいし...

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

二つ目の記事ということで

今回はフランスで語学学校に行ってみて思ったことを書いていきたいと思います!

 

僕がボルドーに到着したのは9月の初め。2セメスターの留学なので前期は語学学校に通いつつフランス語力を高め、後期は正規の学生とともに大学の授業を聴講しようと考えていました。

ボルドーにはいくつか語学学校がありますが、僕が行ったのは大学付属のDEFLEというところです。大学付属ということで授業時間/授業料のコスパはすごくいいです!日本からの交換留学生が多く在籍しています。

 

語学学校ではまず、9月中旬くらいにクラス分けのためのテストを受けました。

留学出発前の日本での1ヶ月間遊び呆けていたので、まずテストに集中できてなかったことを覚えています(笑)それからリスニングの難しさ!大問3つ構成だったのですが選択式の大問1しか答えられず絶望しました、、

ライティングも時間内に書き終わらないし、なんでこんな状態で来ちゃったんだろうと悔やみました(笑)

 

これはやばい!と思ってテスト後から急いでフランス語の勉強を始めましたが、時すでに遅し、、クラスが発表されていざ授業が始まると、先生の言っていることもクラスメイトが言っていることもほとんどわかりませんでした。

ちなみにクラスの人数は20人くらい。僕を含めて日本人は4人。他には韓国、中国、シリア、ベトナム、ルワンダ、ウクライナ、コロンビア出身の人がいました。平均年齢は若干高めだったと思います。

クラスメイトは前のセメスターから在籍している人も多く、慣れている様子でした。

オーラル、リスニング、文法、リーディング、ライティング、地理、文化の授業があり、週に16時間、時間割はクラスごとに自動的に決まっていました。

f:id:harayuya:20180318012244j:plain

 こんな感じです。

 

ここからは4技能(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)ごとに分けて、授業内容とどれだけ身についたかについて書いていこうと思います。

 

 

1 リーディング(グラマー)

 文法の授業はかなり初歩的なことをやっていました。確か一番最初の授業でやったのが疑問文の倒置法です。最後は接続法まで。ほとんど日本の大学の必修のフランス語の授業で習ったことの復習で、新しいことはやっていません。スピーキングやリスニングでやっていることに対して文法でやっていることはかなり遅れていました。毎日宿題が出されましたがほとんどが文法関係のものでした。

 授業内であまり長文を読む機会がなく、リーディングに関しては自分でやるという感じでした。どうだろう...そんなに伸びなかった気がします。

 

2 リスニング

 リスニングをする機会はすごく多かったです!そもそも先生の説明や指示を聞くのもリスニングの練習でした。音声教材はだいたいYouTubeのコンテンツで、おそらく生徒が理解できるレベルの少し上くらいのものが使われていたと思います。ほぼ毎授業でリスニング&問題演習をしていました。

 リスニングの能力は4技能の中で一番成長したと感じています。最初の頃は本当に先生が何を言っているかもわからず、質問をされた時にはなんとなく内容を想像して頷くか首を振るかしかできませんでした(笑)が、2ヶ月くらいで耳が慣れていって色々聞き取れるようになりました。練習しているうちに語彙が増えたっていうのもあると思います。

 

3 スピーキング

 セメスター中に3回個人プレゼン、加えて数回グループプレゼンをやりました。プレゼン自体はそんなに長いものではなく、準備をすれば問題はありませんでしたが、発表後の質問コーナーの時間がめちゃくちゃ長かったです、、日本とボルドーの交流について発表した時は、質問コーナーで日本についてのディスカッションに発展しました。フリートークになると準備ができないし、ほかの人の主張を聞き取らなければいけないしで一番難しかったです。

 スピーキングの機会は他にもたくさんありました。少人数のグループに別れてディスカッションしたり、ロールプレイをしたりすることも。僕は授業中あまり喋らないので先生に直接当てられることも多かったです(笑)

 スピーキングのテストはなかったのでどれだけ伸びたかはわかりませんが、ゆっくり時間をかければ自分の意思を伝えられるようになりました。

 

4 ライティング

 ライティングの授業は週に一回、2時間ありました。先生がいい人だったなと思います。お題が決められて、その中で自由に作文したものを先生が添削してくれるというスタイルでした。

 もともとライティングは得意な方だったのでそんなに成長していません。ただやっぱりネイティブの先生に添削してもらうのはいいなと思いました。日本では習わなかった、よくフランス人が使うナチュラルな言い回しを学べました。

 

 

振り返ってみると、あれ、、成長度そうでもないな...って感じてきました(笑)

留学来る前は、「フランスにきたらすぐ喋れるようになる」というふわふわした考えがあったので、妄想と現実の差がすごくて、、。甘かったですね 笑

 

今は大学の正規の授業を受けていて、もう語学学校には通っていないのですが、当面はDELF B2取得に向けてフランス語の勉強を続けていきたいと思います。

学習の進捗は定期的にシェアしていこうと考えています!

 

よろしくお願いします。